撮りたいと、感性

12


私にアートはわからない、狙ってアートが作れるものでもない。
そもそも写真とはその場にあるものを撮るのであって、ありもしないものが写るのに和感でしかない。

作り込むのには大賛成、しかし一枚撮って、加工で色バリエーションは工業製品だと思う。

ベースは葬儀写真これはノウハウであり、簡単には追従出来ない物だと自負している。だから葬儀写真は順次拡大するベースワーク。

オーダーで撮影する広告写真は2019年末まで、これからは作品、それも基本は白バック、黒バックだけにしたい。

言い出してどれほど変わるかだけどね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。